インプラント



むし歯や歯周病、事故や怪我などで歯を失ってしまい「ちゃんと噛めない」「味がわからない」「大きな口を開けて笑えない」「入れ歯の調子が良くない」そんな悩みをかかえている患者様はいませんか?

美味しいものを美味しいと感じ、楽しいときには思いっきり笑う人生をあきらめないで下さい。
当院では、自分の歯と変わらない噛み心地を実現するインプラント治療にも力を注いでいます。

インプラントの治療

抜けてしまった歯の治療方法として「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つがあります。
 
インプラント治療とは、歯を失った顎の骨に、チタン製の人工の歯根(インプラント)を埋め込んで、その上に人工の歯を装着するという治療法です。
 
ブリッジのように隣りの歯を削る必要もなく、入れ歯のようにズレが気になる。
しっかり噛めない等が、気にならないのがインプラントのメリット。

当院のインプラント治療

 CT撮影で安心できるインプラント治療 

患者さんに安心して、インプラント治療を受けていただくために、当院では、提携医院でCT撮影をした後に、インプラント手術を行っています。それは、安全なインプラント治療を行うためには、インプラントを植えるあごの血管や神経・骨の形態など様々な情報が重要になるためです。

 シュミレーションを行ない、安心できるインプラント治療 

患者さんに安心して、インプラント治療を受けていただくために、当院では、CTと歯型のデータをアイキャットへ送り合成してコンピューター上で3次元的な患者さんの顎の骨の形態を再現して手術前にインプラント埋入のシュミレーションを行なっています。

iCAT(アイキャット)はインプラント治療前に患者さんの口の中の見えないところまで、3D画像でリアルに再現することが出来る、術前治療計画シュミレーション会社です。

サージカルガイドを作製して、安心できるインプラント治療

患者さんに安心してインプラント治療を受けていただくために、当院では、サージカルガイドを作製して、インプラント手術を行っています。
 
どれだけ熟練した経験豊富なベテラン歯科医師でさえ、インプラント治療で最も事故の危険性が高いのが、埋入手術の際のドリルを使用する時です。
計画以上に深く穴を開けてしまったり、角度を誤って神経や血管を傷つけてしまったりする危険性があるのです。
その危険性を排除してくれるのが、事前のCTシュミレーション通りに埋入できるようにするのが『サージカルガイド』なのです。

インプラント治療の流れ

 カウンセリング

インプラントの基本的なお話から、入れ歯やブリッジなどの従来の治療法などの比較、治療の手順についてまで丁寧にご説明させて頂き、患者さんの疑問を解消出来るようにします。

 口腔内診査

患者さんの問診、レントゲン写真、歯の模型、かみ合わせ、歯肉の状態、全身状態などを検査します。

 治療方法の計画

CTデータと歯型をもとに、アイキャットを使用したシュミレーションを行ないます。
これにより、詳細な治療計画や治療期間、金額のご説明をさせていただきます。

 1次手術(インプラント埋入)

人工歯根(インプラント)を埋入します。
その後、インプラント体と骨が結合するまで3~6ヵ月待ちます。

 2次手術

結合されたインプラントの上部に土台を装着します。

 型取り・装着

インプラントの型取りを行い、かぶせ物を装着します。

 メンテナンス

インプラントの術中から装着後の脱落する最大の原因は細菌感染症です。
そのため、インプラントをトラブルなく長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスがとても大切です。

診療メニュー

診療メニュー